トップ > よくあるご質問

よくあるご質問

ご質問へのご返答

国内外製品のマニュアルを作りたいのですが。

弊社には原稿作成から翻訳、DTP、印刷までマニュアル作成のノウハウが数多くあり、仕向け先に応じた各言語への翻訳にも幅広く対応しております。取扱説明書、整備解説書、部品カタログ、電機配線図、保証書、フラットレートマニュアル、ポケットデータブック、サービスブルチン、トレーニングブックなど、マニュアル関連のほとんどは作成経験があります。

翻訳とDTPをセットでお願いできますか?

Word、Excel、PowerPoint、FrameMaker、Illustrator、TIFF画像、XML、SGML、HTML…などなど各種文書の翻訳とレイアウト編集をセットで承ります。同じレイアウトで言語のみ替える作業を「言語載せ替え」などと呼んでいます。ある程度の規模以上であればTradosを使うのも有効です。

過去の翻訳資産を活かして、効率的に翻訳してほしいのですが。

文芸作品の翻訳と異なり、実務翻訳では統一性、コスト、納期を重視します。弊社では常に既存の資料を最大限に利用させていただきます。過去の翻訳データとその原文がデジタルデータでセットとして利用できるのであれば、当社では翻訳支援ツールTradosを用いたジョブフローを推奨いたします。

特殊な分野の翻訳なのですが、専門用語などはわかりますか?

弊社の翻訳部門では、各分野の技術文献に精通した翻訳者を1000人以上登録しております。より高い完成度が求められる場合にはネイティブスピーカーによるチェックも行っています。

ドキュメントの原稿作成を、取材するところからお願いできますか?

取材段階から原稿作成をご支援することももちろん可能です。原稿作成を専門とするスタッフが実機や実車を取材し、お客様との連携を密に取りながら書き起こしを行います。大規模なプロジェクトにおいてはお客様の生産現場に常駐させていただくこともあります。

とにかく膨大なページ数の文書を組みたいのですが、いい方法はありませんか?

当社には自動組版や独自開発システムXDocFormなど、大量の文書処理に対応するソリューションを数多くご提供することができます。その中からお客様に最適な方法を検討いたします。

イラストを動画にしてほしいのですが。

二次元ではFlash、三次元ではWeb3Dなどの手法で動画作成を行っております。シンプルなものからダイナミックなものまで、お客様のご予算と構想に応じて作成いたします。ゼロからの描き起こしはもちろんのこと、EPS、CADデータなどを素材とした作成にもご対応いたします。

図面も何もありませんが、現物か写真を見てイラストを起こせますか?

当社では取材段階からのイラスト作成が可能です。必要があれば写真撮影も当社で行います。専門の教育を受けたスタッフが、正しい図法によるテクニカルイラストに仕上げます。

書き手によってバラバラな仕様の文書を定型化したいのですが。

弊社では定型文書作成に最適なシステムXDocFormを開発しております。このシステムでは文書作成者全員がWEBブラウザを通して、共通のインターフェースを使用し、作成データをXML形式で保持することで、書き手による差異のない定型文書の作成を可能にいたしました。文書ごとにカスタマイズされたシステムとしてご提供いたしますので、まずはお客様の文書作成の現状について、じっくりとヒアリングから行わせて戴きます。

英文版のWebサイトを作りたいのですが。

和文版サイトの流用や新規サイトの立ち上げなど、どのような形式にも対応可能です。また、外資系日本法人のお客様など、新たに和文版サイトを作成したいという場合なども、ぜひご相談ください。弊社では翻訳からFlash、Webページ作成など、サイトの完成までお手伝いいたします。

ドキュメントを電子化したいのですが。

DTPから作るPDFのほか、XML、SGML、HTMLなど各種形式の電子ドキュメントを作成しております。データ納品時の媒体も自由にお選びいただけます。

出張取材の範囲はどこまでですか?

お客様のご要望に応じて、国内・海外を問わずお伺いいたします。弊社担当営業だけなく、翻訳、原稿作成、システム構築、Flash作成、などの専門スタッフが必要に応じて指定の場所に伺います。

FrameMakerの機能をカスタマイズしてほしいのですが。

Frame Developer's Kit (FDK) を使用したカスタマイズやプログラム作成が可能です。またFrameMakerに限らず、Illustrator用のプラグインや、MS-Word・Excel用のアドイン作成なども可能です。